スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と猫と人間と~たくさんの人に知ってもらいたい映画~

今回は是非とも知ってて頂きたい映画があるのでその紹介です
私も全然知らなかったんですが、お邪魔させて頂いてるblogで知りました


とぶねこ堂のしづさんのblogで紹介されていました
その映画のタイトルが


犬と猫と人間とオフィシャルサイト
いのちをめぐる旅が始まる。
犬と猫と人間と
※長くなるので折りたたみますが多くの人に目を通してもらえると嬉しいです





目指せ!人気blog50位以内の為クリックしてやって下さい

人気Blog Ranking    

   
story
監督・飯田と一人のおばあさんの出会いから映画は始まる。
その女性、稲葉恵子さんは、今まで多くの捨て猫を世話してきたが
自分の年齢のことを考え、飯田にこう持ちかけた。
「大人も子供も、動物を大切に思ってもらえるような映画を作ってほしい」
「なぜそんなに猫のことを?」と問われた稲葉さんは
「人間も好きだけれど…、動物のほうがましみたい」と答えた。

「ペット大国」日本の現状を調べると
必ずしも動物にとって恵まれた状態ではないことがわかってくる。
ペットを家族の一員とする人々も多い反面、営利優先のペットショップは多く
無責任な飼い方や不法投棄も後を絶たない。
結果として、日本全国で1日当たり1000匹近くの犬猫が処分されている。
どうしてこうなるのか、何とかならないのか?
その思いが、飯田を動かし始める。

最初の取材対象は、行政施設の犬猫処分の現状
引き取られた犬猫の大半は炭酸ガスで処分される。
それでも、犬猫を持ち込む人間はひっきりなしにやって来る。
柵の中には、とても人懐っこい犬や、目も開かぬような仔猫もいた。
実際に目の当たりにすると、少なからずショックを覚える。
そこから民間の活動に目を移し、さらに動物愛護の世界に踏み込んでいくと
そこには様々な出会いがあった。
神奈川県動物愛護協会で保護されている、個性豊かな犬猫たち。
人間の都合で猫たちの生殖を奪うことにジレンマを抱えながらも
野良猫の避妊去勢手術を続ける獣医たち。
多摩川沿いの野良猫たちを長年写真に収め、世話を続ける夫婦。
かつて「犬捨て山」と騒がれた場所に、今でも住み込んで犬の世話を続ける年配の男性と
彼を助ける学生グループ。お年玉をつぎ込んで、捨てられた子犬の世話をする小学生たち。
さらに飯田は、動物愛護先進国・イギリスや、戦時下日本の動物愛護事情にまで目を向ける。
小さい命の切なさと、不幸な命を生み出す人間のエゴを浮き彫りにしつつも
カメラは、多くの犬猫たちと、それを懸命に救おうとする人間たちの姿を映し続ける―。

(オフィシャルより引用)



映画を作るきっかけは1人の猫好きなお婆さんからの申し出だったそうです
「きっかけは猫おばあちゃんだった」 2008.1.1 飯田監督のブログより)


「もうすぐ自分の生命保険が下りるので
それを使って映画を作って欲しい。
子供も大人も見れて
(犬や猫が)かわいそうだ、大切に育てよう。
そう思ってくれるのが一番早い と思ったから」



しづさんも言われてますが、本当にこのお婆さんは凄いです
私も動物は大好きだけど、きっと真似はできないと思う・・・・


やっぱりこうゆう映画なので辛い場面は沢山あるそうです

野良猫の保護をしたら お母さんのお腹にはもうすでに赤ちゃんが入っていた
それでも、手術を選択するしかなかった
飯田監督が取り出されたあたたかな胎児を手でふれて
涙ぐまれた場面もあったそうです




目を逸らさずに観て欲しい
現実を受け入れて欲しい
現実を知って欲しい

現実を知ることから初めて欲しいです

オフィシャルページをみて知るだけでもきっと変わると思うんです
まったく知らないのと、知っているのとでは違うと思うんです



現実は不幸にも捨てられて殺処分の運命にある猫と犬たちがいて
この日本だけでも毎日約1000頭もの命がガス室で絶たれています
(ドイツは0です)

ペットショップで 物のように売られ、買い、飽きたら捨てる
(動物先進国ではペットショップで買うなんてごく僅かです)
平気で捨てる人間がいれば、捨てられた子を日夜救出、保護活動に
奔走するたくさんの心ある人々もいます


命の重さなど微塵も感じず
虐待する人たちだって後を絶ちません


でも
だからこそ

知って欲しい 見て欲しい
どうか目をそらさずに 向き合って欲しいと
そしてこの映画が このブログが
この出会いが そういったきっかけの一端になってくれればと
切に切に 心から願わずにはいられません



そしてこの出会いでもしもあなたが何か感じたなら
あなたの隣にいる誰かにそっと話して欲しいと思います

そのあなたの想いが小さな命を救う
大きな戦いへと 繋がっていくのではないかと思います



『人間にもっとも身近な動物である犬と猫が
平和に安全に暮らせる社会は、
きっと人にも優しいはず。』

作家 渡辺眞子さん




最後の文章の殆どはしづさんのblogから引用させて頂きました
今回は引用を許可して頂いてありがとうございました
こんなblogですが少しでも沢山の人に目を通して貰えると嬉しいです




こちらの映画は10月10日から公開しています
(この記事は予約投稿なので公開翌日ですね)


ユーロスペース
上映時刻 11:10/13:40/16:10/18:40
Tel : 03-3461-0211


順次公開予定
大阪府 第七藝術劇場  TEL:06-6302-2073
愛知県 名古屋シネマテーク  TEL:052-733-3959
神奈川県 川崎市アートセンター TEL : 044-955-0107
神奈川県 シネマ・ジャック&ベティ TEL:045-243-9800 
群馬県 シネマテークたかさき TEL:027-325-1744
長野県 松本シネマセレクト
京都府 京都みなみ会館  TEL:075-661-3993
兵庫県 神戸アートビレッジセンター TEL:078-512-5500
北海道 シアターキノ  TEL:011-231-9355
北海道 苫小牧シネマトーラス TEL:0144-37-8182
新潟県 十日町シネマパラダイス TEL:025-752-7505
静岡県 浜松 CINEMAe_ra TEL:053-489-5539
広島県 横川シネマ TEL:082-231-1001
岡山県 シネマクレール TEL:086-231-0019
愛媛県 シネマルナティック TEL:089-933-9240
徳島県 シネアルテ TEL:088-632-2239
福岡県 KBCシネマ1・2 TEL:092-751-4268

今後も公開劇場は増えていく予定だそうです

もちろん私も劇場には足を運びます





目指せ!人気blog50位以内の為クリックしてやって下さい

人気Blog Ranking    

   

コメント

こんにちは!
こちらの映画、知りませんでした。

本当にとてもいい映画のようですね。

私は動物が好きですが、
やはり、責任など考えると
(また、ペットNGなところに住んでるので)
簡単に飼う事ができません。

>犬猫を持ち込む人間はひっきりなしにやって来る。
↑本当にひどいですよね。。。
ちゃんと、責任をもって
最後まで面倒見るという当然のことをしてほしいですね。

三十路オンナさま
ぜひみる機会があれば足を運んで下さい
皆が動物を大事にして生涯可愛がってあげる人ばかりだといいのにと、思わずにはいられませんよね
Secret

楽天ランキング

楽天ランキング
女性30代1位

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

マミ

Author:マミ
形態→女人
生息地→値切りの都
型式→現在25歳84ヶ月
好きなもの→愛猫
(野良・♂・黒)
昨年年収約360万←多分過去最高額
貯金額 7,041,823円
リンクフリー
コメントとか貰えるとやる気upです

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

カテゴリ

検索フォーム

FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。